Skip to content

アミノ酸系シャンプーの意外と知らない落とし穴

アミノ酸系シャンプーとは、その名の通り主成分である界面活性剤にアミノ酸系成分を使用しているシャンプーのことです。

頭皮の皮脂を取りすぎず、毛髪や頭皮に近い弱酸性なので低刺激であることが特徴ですね。

一般的に、スカルプケアシャンプーと呼ばれています。

その他のシャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれ、石油などから化学合成された界面活性剤を主成分とします。

多くのご家庭にあるシャンプーはまずこの製品でしょう。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーを特にオススメしたいのは、頭皮環境が乱れている方です。

たとえば、皮脂が少なくカサカサしている乾燥した頭皮の方ですね。

脱毛や薄毛の原因は、頭皮にトラブルを抱えていることが大半ですから、弱酸性であるアミノ酸系シャンプーで洗浄することにより、頭皮環境を改善することができます。

高級アルコール系シャンプーは洗浄力の強さから、タンパク質も必要以上に洗い落としてしまいます。

頭皮や髪の毛はタンパク質で出来ていますから、特にお肌が弱い傾向の方にとってはトラブルの素です。

その点、アミノ酸系シャンプーであれば、頭皮を守るための頭皮の皮脂を落としすぎず、健康的な潤いを保ってくれます。

ただ、デメリットもあり、それは洗浄力が弱いため、頭皮がひどく汚れていたり、整髪料を使っていた場合に一度の洗浄では不要な皮脂を洗い落とせないことがあるという点です。
また、主成分がアミノ酸系由来のため、大量生産が困難で価格が高いことも難点ですね。

たまにアミノ酸系の成分をわずかに配合し「アミノ酸系シャンプー」とうたっている安価な商品がありますが、実は主成分は高級アルコール系シャンプーと大差がないことがあります。

以下にアミノ酸系シャンプーにおける主成分を挙げますので、購入の際に参考にしてみてください。

・ココイルタウリンナトリウム
・ココイルメチルタウリンナトリウム
・ラウロイルメチルアラニンナトリウム
・アシルグルタミン酸

なお、紛らわしいのですが、コカミドプロピルベタインという成分はアミノ酸系成分ではありませんので、気をつけましょう。