Skip to content

サラサラヘアーへと変えてくれるシリコンシャンプー

育毛シャンプーとうたわれているシャンプーで注意したい成分が二つあります。

一つは主成分である合成界面活性剤が天然成分由来であるか、石油などの化学成分由来であるか。

シリコンシャンプーの賛否両論

もう一つは、シリコンです。

シリコンも全てが悪いというわけではありません。

髪の毛をコーティングし、手触りをよくしたり、髪型をまとめやすくしてくれます。

しかし、髪の毛を根本から修復するわけではないので、頭皮より外に露出している部分のダメージを修復してくれると考えるといいでしょう。

乱暴に言えば、コーティングすることで誤魔化しているとも受け取れますね。

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強く、そのままだと髪がごわついてしまいます。

そのため、シリコンを多く配合し、手触りをよくしているのです。

ちょっとネガティブな内容になりましたが、頭皮や毛髪に問題を抱えていない方ならリーズナブルで好ましいものです。

最近では、このシリコンを危険視する風潮があり、シリコンの代わりに保湿成分を含んだノンシリコンシャンプーも増えてきました。

サラサラの髪の毛をもたらしてくれるシリコンシャンプーの功罪として、頭皮の毛穴をふさいでしまい、その結果、毛根に十分な栄養が届きにくくなるという点に注目する人が増えたのです。

シャンプーというのは元々は頭皮と髪の毛を清潔に保つ役割のものです。

理想としては、ノンシリコンシャンプーを使うなら、髪の毛を内部から修復してくれるタイプのトリートメントを併用してみることです。

トリートメントは必ずシリコンが配合されていますが、シャンプーと異なり、頭皮に塗り込むようなことはしませんよね?
極力、頭皮につかないよう、毛先など傷んだ部分に揉み込むはずです。

最後にシャンプーによく配合されているシリコン成分を挙げてみたいと思いますので、参考にしてください。

・シクロメチコン
・シリカ
・シロキ
・ジメチコン