Skip to content

高級アルコール系シャンプーはコストがかかる

日頃よく目にするシャンプーは、厳密には高級アルコール系シャンプーと呼びます。

それらとは別に育毛シャンプーが存在するわけですが、具体的にどこがどう異なるのでしょうか?

以下に相違点を挙げてみたいと思います。

界面活性剤の違い

汚れを落とすために、洗剤は界面活性剤を主成分としています。

一般のシャンプーは泡立ちがよく、コストも抑えることができるため石油系の合成界面活性剤を含んでいます。
低コストですが、頭皮に強い刺激を与えるという短所があります。

反面、育毛シャンプーは、天然成分由来の合成界面活性剤を含んでおり、価格が高い代わりに頭皮へは低刺激というメリットがあります。

残留の違い

どのシャンプーもしっかり洗い落とさないと、気づかないうちに頭皮が炎症を起こしたり、毛穴に汚れなどを含んだ残留物が詰まってしまいます。

しかし、育毛シャンプーの場合、すぐ洗い落とせるような工夫がなされています。

頭皮のケア

これは育毛シャンプーが育毛シャンプーたる所以ですが、皮脂腺の肥大を防ぎ、必要以上に皮脂を洗い落とさず頭皮環境を整えます。

その結果、発毛、育毛が期待できるようになるのです。

一般のシャンプーは非常に洗浄力が強いのですが、本来、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、発毛のサイクルがみだれる原因にもなってしまいます。